ストレスも噛み合わせが悪くなる原因 


噛み合わせが悪くなる原因のひとつにストレスがあります。
ストレスが溜まると無意識のうちに歯を食いしばるようになり、歯並びを乱す元になってしまうからです。

しかし、ストレスを感じていても歯を食いしばっている感覚は無い人が多いと思います。歯ぎしりするほど強く噛み締めていれば歯並びや噛み合わせに悪影響があるので、意識的に気をつけている方も多いでしょう。

とは言っても、基本的に人間の身体はストレスを身体のどこかで発散するように動作しています。特に顎は脳から近い器官なので、ストレス発散のために力が掛かってしまうのです。

そのため、強く噛み締めないように意識していても、気付かないうちに歯並びや顎にはストレスが掛かっています。

また、ストレスが溜まると寝ている最中も強く噛み締める癖がつきます。
この間は無意識のうちに顎への負担が掛かっているので噛み合わせはどんどん悪くなってしまいます。ストレスも噛み合わせの天敵なので注意しましょう。

This entry was posted in 噛み合わせが悪くなる原因. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found