悪い噛み合わせが引き起こす顎関節症の弊害とは?


噛み合わせが悪くても、日常生活に支障が無ければそれほど気にならないかもしれません。
しかし、噛み合わせが悪いまま放置しておくと、顎に掛かるバランスが崩れてしまいます。
顎の関節は左右に均等な力が掛かることが前提になっているので、左右のバランスが崩れてしまうと摩耗が進んでしまいます。
さらに、力の掛かり具合も変わってくるため、想像以上の負担が顎の関節に蓄積してしまうのです。
このように顎の関節に負担を掛け続けてしまうと、やがて症状が進行して顎関節症になるおそれがあります。
必ずしも噛み合わせの悪さが顎関節症を引き起こすとは限りませんが、顎関節に弊害を与える原因になってしまうので早めに治療した方が良いでしょう。
また、顎関節だけではなく歯に与える影響も軽視できません。
歯の表面が削れてしまうのではなく、歯ぐきにダメージが伝わる可能性もあります。
噛み合わせの悪さに悩んでいるようなら、なるべく早めに治療を受けておきましょう。

This entry was posted in 噛み合わせが悪くなる原因. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found